ダイオキシン・アスベスト除去

ダイオキシン・アスベストを完全に除去します

ダイオキシンは人工物質として地上最強の猛毒です。

ダイオキシンは210種あり、一番毒性が強いもの場合、100万分の1グラムが致死量となります
*致死量はねずみ(ラットやマウス)に与えたときに半数のねずみが死亡する量です。
そして、ダイオキシンは無色無臭の固体で、脂肪などには溶けやすいと いう性質である体内に入ると大部分が体内の脂肪に蓄積されて体にとどまります。とても危険な物質である為、ダイオキシン関連法令に従い、適切な除去工事に より安全に実施される必要があります。

ダイオキシン除去作業

アスベストは吸い込むこむと危険な繊維です。

繊維を吸い込むことにより、石綿肺、肺がん、悪性中皮腫となる可能性のある繊維です。そして、他の発がん性物質と相乗作用をもちます。喫煙をするアスベスト労働者の発癌率は普通の人の90倍という報告もあります。露出している場合、繊維が空気中に浮遊したするため危険とされています。そのため除去には繊維が空気中に浮遊しないよう除去する必要があります。

ボイラー煙突石綿(高圧水による)除去工事

除去前 arrowrightarrowdown 除去後

業務内容に戻る⇒